YAKONEKO Collection

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー「耳紙・タブ」の投稿

切手にはネコがいないのに

Czech2003_fdc100dpi
この切手にはネコが描かれていませんが、発行記念の消印にはネコがいます。
2003年にチェコから発行された「子供のために」というキャンペーン切手です。

私は持っていないのですが、この切手のシートには、ネコを描いたタブがついているそうです。

イヌvsネコはネコの勝ち

guinea-bissau2005ad_75dpi
これはギニアビサウから2005年に発行されたネコとイヌの切手シートから2枚を抜き出しました。
イヌ好きにもネコ好きにも買ってもらおうという企画シートです。
さらにスカウトのマークも入っているので、スカウトファンにもアピールしています。
ネコの切手には軽く片手をあげたシャムが描かれています。

私がこの切手シートで注目したのは背景に描かれている絵です。
古い絵なのか、昔の絵画風に描いたのかはわかりませんが、ネコが描かれています。
イヌの後ろにも薄くネコが描かれています。

そんなわけでネコの勝ちです。

ネコはメッセージを伝える

Ireland_greeting_aIreland_greeding_b

切手の上下にメッッセージ・ラベルがついています。
アイルランドから1999年に発行されたグリーティング切手帳から、ネコの切手を取り出しました。
メッセージは英語のものとアイルランド語のものとがあります。
このまま封筒に貼ってもいいし、ラベルを切り取って封緘に使ったり、メッセージシールとして使うこともできます。

ネコと水車

Isle_Man_1994.JPG
これは耳紙に切手の絵の説明が入っています。
マン島から1994年に発行された、マン島の見どころシリーズの1枚。

手前に居るネコはシッポの短いマンクス。
背景はLaxey という小さな街の世界最大の水車。
もともとは鉱山で使うために作られたものだが、閉山した今も水車だけ回っているそうです。
自転車競技やバイクレースで有名なマン島にぴったりのデザインだと思います。

ネコは金魚鉢を覗く

Israel1998.jpg
前回に続いてタブのついた切手です。
これはイスラエルから1998年に発行されたペットの連刷シートです。
ネコが覗いているのは金魚鉢で、下は金魚の切手になっています。
三角の部分がタブで、切手展のマークが入っています。
別に切手展のマーク入り切手でもいいような気もしますが、タブを切り落として五角形のネコ切手としても使えます。
背景のカーテンはネコの足跡柄になっています。

ネコ切手…のようなもの

Paraguay1989.JPG
前回に続いて耳紙にもネコが描かれているネコ切手です。
パラグアイから1989年に発行されたネコシリーズの1枚です。

そう。
ここに写っている切手は1枚です。
もう1枚は切手ではありません。
金額が入っているシャム猫のほうは切手です。
そしてトラ猫のほうは、金額が入っていないタダの紙切れ。
こういう紙切れのことを「タブ」と呼んでいます。

今、日本で売れている(ホントか?)「写真つき切手」の写真部分もタブです。

ネコは余白にも居る

Paraguay1976Gs040.JPG
切手の外側の余白部分のことを「耳紙」といいます。
パンの耳と同様に、その部分だけにしてしまうと超安物になってしまうところですが、味付けによっては人気者になります。
前回のグリム童話、あるいは以前に紹介したポストマン・パットのように切手と関連した絵がついていると、「あたり」を引いたようにうれしくなります。
今回載せたのはパラグアイから1976年に発行されたネコ切手8種のうちの1枚。
切手と同じ絵柄が線で描かれています。

グリム童話のネコ

German1985cats.JPG
「ブレーメンの音楽隊」「長靴をはいた猫」の競演です。
東ドイツから1985年に、グリム兄弟生誕200年を記念して発行されたシートの一部です。
切手部分は「長靴をはいた猫」、耳紙に「ブレーメンの音楽隊」が描かれています。
絵本の1ページのようなデザインになっています。

「ん」は安心の「ん」

anshin_s.JPG
これは小型シートと言うよりも、耳紙が巨大化したシートと言うべきでしょう。
絵本などでおなじみの村上勉が原画を担当しています。
日本で2003年に発行された「安心の街」キャンペーン切手です。
最後の「ん」のところにネコがいます。

anshin_neko2.JPGanshin_cat.JPG
切手のネコ(左)とシート地のネコ(右)とは、身につけている物の色やシッポの向きなどが微妙に異なります。

ネコの写真つき切手はネコ切手か?

honoka_b.JPGhonoka_r.JPG
切手じゃないところにネコがいるシリーズの6回目は、写真つき切手です。
若者の間で人気の「プリクラ」のようなものが切手でできないかと考案されました。
長方形の切手部分と、正方形の写真部分とで構成されています。
つながった状態で郵便物に貼ってもいいので、自分の顔写真、自分の描いた絵、自分のペットなどが切手になったような気分が味わえます。
2003年4月に目打ちタイプが、そして同年12月にシールタイプのものが発売開始になりました。

今回展示したのはシールタイプのもので、切手の意匠には「ほのか」という題名がついています。
切手商が作成したものなので、写真部分のネコは私の飼い猫ではありません。

より以前の記事一覧