YAKONEKO Collection

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー「ネコと名所旧跡の切手」の投稿

南極のネコ?

French_antarctic1999_100dpiクイズ番組を見ていたら、南極の切手の話が出てきました。
南極条約でどこの国にも属していない南極大陸ですが、領土を主張するために切手を発行している国があるとのこと。
番組ではアルゼンチンの切手が登場しました。

当ブログではネコが描かれている切手、ということでフランスの切手を紹介します。
ネコの生態調査研究の様子を描いています。
注目は切手上部の国名表記です。
Terres Australes et Antarctiques Francaises
「フランス領南極地方」と書いてあります。
1999年に発行された切手です。

ペルシャのネコ

mozam1999a_100dpi
背景に風景が描かれているネコ切手を取り上げています。
これも1999年にモザンビークから発行されたものです。
ペルシャ猫の後ろにペルシャ(現イラン)のモスクが見えます。

ノルウェイの猫

mozam1999b_100dpi
背景に風景が描かれているネコ切手です。
これも前回と同じく1999年にモザンビークから発行されたネコ切手です。
たくましい長毛種のノルウェジアン・フォレストキャットが描かれています。
背景にはノルウェイの名所が描かれているようです。

メイン州のネコ

mozam1999c_100dpi
背景に風景が描かれているネコ切手です。
前回と同じく1999年に、モザンビークから発行されたネコ切手です。
アメリカはメイン州出身の長毛種、メインクーンが描かれています。
前にも書いたように、メイン州は灯台で有名です。

ネコも登山をするのか?

mozam1999d_100dpi
背景にネコにちなんだ風景が描かれているネコ切手を取り上げています。
これも1999年にモザンビークから発行されたものです。
ヒマラヤンというネコ。
ペルシャネコの体形で、シャムネコの色合いをと、人為的に作られた種類です。
切手にはヒマラヤ山脈が描かれていますが、ヒマラヤ出身というわけではありません。
登山は無理でしょう。

アメリカ生まれのネコだけどバリの踊り子

mozam1999e_100dpi
背景にネコにちなんだ風景が描かれたネコ切手です。
これは前回とおなじくモザンビークから1999年に発行されたものです。
バリニーズというネコだと切手に書いてあります。
バリニーズはシャムネコ同士から生まれた長毛種。
身体の毛はセミロングで、シッポはふさふさが特徴です。
出来損ないのシャムと呼ばれたこともありますが、長い足やすっきりした首の優雅な体形から「バリの踊り子」と呼ばれるようになりました。
バリ島の出身というわけではありません。
背景に描かれているのはバリ島の風景、らしい。

ネコも会議をするのか

uganda1994jss_75dpi
世界の名所旧跡が描かれたネコ切手を取り上げています。
ウガンダから1994年に発行された「世界のネコ」切手シリーズの中の小型シートです。
しっぽの短いことで知られるマン島のマンクスが描かれています。
背景に描かれているのはセント・ジョンにあるマン島議会(ティンウォルド)、世界最初の議会と言われています。

エジプトネコはトラじゃなくてヒョウ

uganda1994h_100dpi
世界の名所旧跡が描かれているネコ切手を紹介しています。
これも前回と同様に1994年ウガンダ発行の「世界のネコ」切手シリーズからの1枚です。
エジプト原産のエジプシャンマウとピラミッドが描かれています。
エジプシャンマウといえば天然のヒョウ柄ボディが特徴なのに、ただのトラネコに見える残念な切手です。

フランスの大きなネコ

uganda1994g_100dpi
世界の名所旧跡が描かれているネコ切手を取り上げています。
これは前回と同じく、1994年にウガンダから発行された世界のネコ切手シリーズからの1枚です。
シャルトリューはフランス生まれの大きなネコ。
体重7キロなんてザラ。
その上質な毛皮は高額で売買されたこともあった、とか。
背景にはエッフェル塔が描かれていますが、なんだか小さく見えます。

ノルウェイ猫のオランダ案内

uganda1994f_100dpi
世界の名所旧跡を描いたネコ切手を紹介しています。
これは前回と同じくウガンダから発行された世界のネコ切手シリーズからの1枚です。
このシリーズではネコにちなんだ地域の観光名所が背景に描かれているのですが、これはなぜかノルウェジアン・フォレストキャットの背景がオランダの風車です。
ノルウェジアン・フォレストキャットはその名のとおりノルウェイ生まれのネコで、スカンジナビアの厳しい自然を生き抜いてきたふかふかの毛皮と強靭な身体を持っています。
スカンジナビアの神話では、女神の乗った車を牽いていたという伝説があるほどです。

より以前の記事一覧